乳児期から、発達を考えた知育おもちゃで遊ぼう!

▼ フリーページ
▼ お買い物の手順
◆特定商取引法
◆支払い方法
◆配送方法・送料
◆プライバシーポリシー
▼ 商品検索

▼ ショップ紹介

今日も元気で!
親子で遊ぶ時間を大切にして下さい。 豊かな気持ちになれます。




*春の色


日本独特の襲の色目に「紅梅匂」(こうばいのにおい)があります。

「赤みの桃色」と「黄みの桃色」の組み合せです。


「白色」と「赤色」の組み合せは「桜重」

「黄緑色」と「赤色」の組み合せは「桜萌黄」(さくらもえぎ)

「白色」と「薄紅色」の組み合せは「白梅」

「白色」と「草色」の組み合せは「花柳」

「草色」と「山吹色」の組み合せは「青山吹」

 などがあります。

*夏の色


日本独特の襲の色目に「葵」があります。

「薄い草色」と「薄い紫」の組み合せです。


「白」と「若葉色」の組み合せは「花菖蒲」

「薄蘇芳」(薄い小豆色」と「白」の組み合せは「牡丹」

「赤みの桃色」と「薄紫」の組み合せは「薔薇」(そうび)

「茶色」と「青みの草色」の組み合せは「蝉の羽」

秋の色


日本独特の襲の色目に「九月菊」があります。

「強い黄」に「白」の組み合せです。


「燕脂色」と「明るい赤色」の組み合せは「紅葉」。

「草色」と「紫色」の組み合せは「桔梗」

「青みの草色」と「若草色」の組み合せで「忍草」

「白」と「濃い紫色」の組み合せで「菊」

「青みの草色」と「紅色」の組み合せで「紅菊」

*冬の色


冬の襲の色目には氷襲(こおりがさね)があります。「白」と「薄い肌色」のくみあわせです。

いかにも、氷の冷たさと冷たさだけでなくほんのりと趣を感じます。

「薄い桃色」と「白」の組み合せは、「雪の下」と呼びます。春の足音を待ち望む心を感じます。

「薄い草色」と「薄い黄土色」の組み合せは、「枯野」と呼びます。枯れた野原に雪がちらついた景色を連想します。